育毛剤というのは色々な種類がある上、たくさんの商品が販売されているので、どの育毛剤を使用しようか迷ってしまう方も多いでしょう。その中でも大手化粧品会社の資生堂の育毛剤には、1つは抜け毛・薄毛を抑制するものであり、もう1つは育毛・発毛を促進するものとなっているのが特徴です。

やみくもに育毛剤を選ぶのではなく、ご自分の症状に合った育毛剤を選んで使用しなければ育毛剤の効果は実感できません。逆に言えば自分に合う育毛剤を使用すれば、効果はしっかりと現れます。育毛剤には色々なタイプがありますが、大まかに2つのタイプにわけることができます。

育毛・発毛を促進する効果のある育毛剤。このタイプの育毛剤では、頭皮に栄養を与えていくものから、医薬品として認可された成分が入っているものまで幅広く揃っています。主に髪の毛を生成をする毛母細胞に働きかけることで毛乳頭で細胞分裂を活発化させ、髪の毛を成長させるといった効果があります。ただし、医薬品として認可された成分が入っている育毛剤には副作用を伴うものがあるので、体質に合わない場合には、無添加の育毛剤を使用するようにしてください。

また、育毛剤には塗るタイプと飲むタイプの育毛剤が存在していますが、飲む育毛剤(医薬品)のほうが塗るタイプの育毛剤よりも効果が高いです。飲むタイプの育毛剤だけを使用するのではなく、塗るタイプの育毛剤も一緒に使用したほうがより効果が高まるでしょう。

そしてさらに育毛剤の効果を高める方法ですが、頭皮をマッサージすることによって血行を促進すると育毛剤がしっかりと浸透していきますので、できれば頭皮マッサージも行うようにしてください。また、飲むタイプの育毛剤の中で医薬品の場合ですと、主にAGA(男性型脱毛症)の治療に使われている商品となっているため、医師の処方が必要です。

育毛剤最新記事

  • 食生活も重要な育毛環境
  • どんなにいい育毛剤を使っても、どんなにいい育毛注射をしてもらっても
    食生活が乱れていては、育毛の効果は半減してしまいます。

    食生活でより健康的にもなれる反面、病気になるやすくもなるのです。
    単に豪華な食事や質素な食事、野菜の食事がいいというわけではありません。
    その食事の質をよくすることが大切なのです。
    スナック菓子や甘いスイーツ、お酒やあぶらっぽい料理、
    塩分の高い料理ばかりを食べることはおすすめしません。
    どれも適量ならば問題はありませんが、やはりお菓子などの糖分や
    アルコールはチ内で中性脂肪に作り替えられるために、
    皮脂のもととなり皮脂の分泌量も増やしてしまいます。

    髪を作るのに必要な栄養素は、
    良質なたんぱく質や鉄分、亜鉛などのミネラルや含硫アミノ酸、
    エイコサペンタエンサンヤセレニウム、ヨード、ビタミンなどいろいろあります。

    育毛環境を整えるのなら、まずは食生活を見直してみましょう。

  • 発毛剤・育毛剤の違いとは何か
  • 薄毛対策のために薬を使おうとして薬局に行っても、そこには発毛剤と育毛剤とが売られています。どちらも薄毛対策には有効な薬品なのですが、発毛剤と育毛剤とは、その名前だけでなく、使うべき症状にも違いがあるのです。発毛剤とは、読んで字のごとく、毛のないところから毛を生やすための薬品です。発毛剤は、発毛成分などにより、先ずは体内から産毛の様な髪の毛自体の発毛を促すものです。代表的な成分としては、生薬やミノキシジルなどが知られています。但し、発毛の効果がかなり期待できる一方で、副作用を伴う場合がありますので、使用には十分な注意が必要となってきます。そのため、使用する際には、先ず医療機関で適切なアドバイスを受けることが必要です。これに対して、育毛剤とは、これも読んで字のごとく、今ある髪の毛に働きかける薬剤です。血行促進や栄養補給などによって、弱った髪の毛や毛根が改善されるように促します。つまり、薄毛対策と言っても、髪の毛が細くなって、コシがなくなってきたり、抜け毛が多くなってきた場合には育毛剤を使うべきですし、髪の毛が抜け落ちて地肌が見えてきてしまったという場合には基本的には発毛剤を使用すると良いでしょう。

  • 育毛剤を使うだけでいいの?!
  • 育毛剤を正しく選びましょう
  • ハゲにはなりたくない。予防策は?
  • やっぱり育毛剤がいい理由